レンズ

SONYの広角ズームレンズ(SEL1635Z)を使ってみた感想【作例あり】

こんにちは、せいや(@knkSeiya)です。

実は先日SONYの広角ズームレンズである「Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS(SEL1635Z)」を買ってしまいました。

僕は広角レンズに対して扱うのが難しいという先入観があります。

なのでしばらく広角のレンズは買わないだろうと思っていたのですが、いつの間にかレンズが家にありました。代わりに冬のボーナスがなくなっていました。不思議。

冗談はさておき、「景色を広く撮ってみたい」

これです。この想いが日に日に大きくなって、ついにSONY ZEISSブランドの広角ズームレンズ、SEL1635Zを迎えてしまったわけです。

今回はSEL1635Zを持って散歩してきた写真と共に一言感想なんかを述べていこうと思います。

SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Z

SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Z

最初に、SEL1635Zについて軽く紹介しておきます。

SEL1635ZSONY Eマウント ZEISSブランドの広角ズームレンズです。
ワイド端16mmの超広角から、ズームすれば35mmの標準域まで対応できます。

SONY Eマウントの広角ズームレンズはGMasterやサードパーティ製のレンズなど、どれを使おうか悩んでしまうほどラインナップが豊富です。

SEL1635Z価格面、(周辺解像度などの)性能面のバランスが良く、SONYで広角レンズを新調しようと考えたときにベターな選択肢のレンズとなります。

広角レンズの魔性の魅力

広角レンズはレンズ性能そのものよりも、その画角で写真が撮れるというのが魅力だと思っています。

とはいえ、「じゃあ画角が広ければ性能はいらないのか?」と言うとそうではなく、

  • 自然に見える(像流れが少ない)
  • 四隅まで解像度が高い

というのは、重要です。

空に向かう木
公園で撮った木。真ん中に集まって見えて面白い

僕は、どちらかと言うと望遠レンズで対象をミクロに切り取った写真が好きなんですが、広角レンズを通して世界を覗きこむとまた見たことない非日常感のある世界が見えてきて楽しいです。

広角レンズは「景色が広く撮れる」だけで気持ちいいことに気付いた

広角レンズで一番簡単に気持ち良くなれるのは、広いところで景色や空を撮ったときだと思います。

青空の中を走る様子
土手の歩道を走っている妻

パースとか、遠近感とかのテクニックはちょっと置いておいて、ただ広い景色を思うがままに広く撮る。

これがすごく気持ち良かったです。

青空の中を走る様子
(続)土手の歩道を走っている妻

青い空が気持ち良く広がりスカッとしてる。

僕は、「この写真が撮れるならレンズ買って良かったな」って写真が各レンズにあるんですが、SEL1635Zに関してはこの写真がそうなりそうです。

川辺の写真
河原と青空

同じ河原で遠くまで写してみました。

気持ち良い。広い空と流れてく雲、この写真を見てると世界って綺麗なんだなぁって感じます。

広角レンズで人を撮るには

景色を撮ったら人も撮りたくなる。しかし一般的に「広角レンズは人を撮るのは難しい」と言われ、僕自身もそう感じます。

理由は、

  1. 被写界深度が深くボケにくいので、ボケを使った背景整理ができない
  2. 広く写ってしまうので余計なモノが写ってしまいやすい
  3. パースが効くので被写体が変に歪んでしまう

などがあります。

逆にそれらを全て解決できれば良い写真になるってことですね?(違う?

まず、背景はボカそうとせず、面白い背景or単色の壁などを探します。

そして選択する構図で一番簡単なのは被写体ど真ん中の日の丸構図!

アートな壁の前で撮った写真
アートな壁があったのでパシャリ

日の丸構図でモデルを中心に置くことで、歪みが最小限になり色々写りこんだ写真でも真ん中のモデルに目が行きます。

流石に全ての写真を日の丸構図にするわけにもいきませんが、SEL1635Zはズームすれば35mmと使いやすい画角になるので、このレンズを付けっぱなしで散歩するのも楽しそうです。

他に広角レンズが活躍しそうなところ
  • 背景をあまりボカさずに撮影したいシーン
  • スタジオなど屋内で被写体と距離が取れないシーン
  • パースを活かしたピンポイントでのダイナミックな構図

さいごに

とりとめもなく書いたので、最後に無理やりまとめておきます。

本記事のまとめ
  1. 広角レンズは広く撮れるというだけで魅力がある
  2. 広角レンズを簡単に楽しむには、広い景色や空を撮るといい
  3. 迷ったら日の丸構図
  4. SEL1635Zをはじめ標準域(~28mm/~35mm)までズームできるものは使いやすい

友達が広角レンズで面白い写真をガンガン撮っているので、僕も練習して広角レンズを使いこなせるようになりたいと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。
少しでもお役に立てたらこの記事をシェアしていただけると僕の励みになります。

おしまい

【SONY 55mm F1.8 ZA 実写レビュー】空気が写る解像感、スナップからポートレートまで撮れる最高の単焦点レンズ!SONYの標準単焦点レンズ「FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)」を購入し、スナップや妻のポートレート撮影に使っています...

写真データの保存先に悩むあなたに

写真データって無尽蔵に増えるので、保存方法ってとっても悩みます。

HDDに保存するにしてもすぐに容量がパンパンになってしまう・・・。

そこで僕が使っているのは「Amazon Photos」、Amazonプライム特典の一つです。

Amazon Photosは保存容量無制限

しかも無圧縮、RAWファイルもそのまま保存できます。

以下の記事でAmazonプライムの内容とメリットをまとめました。

【最新版】Amazonプライムのメリットとは?