フォトスポット

彩度の暴力、もみじ回廊の昼と夜【富士河口湖紅葉まつりに参加してきた】

先日、友人と山梨旅行に行ってきました。

1泊2日のうち1日はまったりと自由に使える旅程だったので、河口湖近辺を散策することに。

事前に、リサーチ得意な友人から、

「もみじ回廊ってとこがヤバイらしいよ」

なんて裏情報を得ていたため、非常にウキウキしてました。

さて、こうして参加した富士河口湖紅葉まつり、ならびにもみじ回廊散策ですが、ほんとすごい紅葉だった。

鮮やかオブ鮮やか。

さらに泊まりのため、もみじ回廊の昼の顔と夜の顔を垣間見ることもできました。

以下、写真とともに紅葉まつりを紹介したいと思います。

「富士河口湖紅葉まつり」の概要

富士河口湖紅葉まつりは、例年11月1日〜11月23日の期間河口湖北岸のもみじ街道で開かれているイベントです。

イベント期間中は、街道のもみじがライトアップされるほか、手芸品や食べ物の露店も出店しています。

以下が会場図です。

河口湖.netさまの紅葉まつり会場周辺MAPより引用。

駐車場は、第1から第4まで4つの無料駐車場があります。

この無料駐車場、イベント期間中はとても混雑しています。

昼ぐらいに行ったらメイン会場に近い第2・第3駐車場は満車で、駐車場空き待ちの車もいるほどでした。

空くのを待つのも途方にくれるので、有料駐車場を使いました。

もみじ街道付近には有料駐車場が点在しています。

駐車料金は500円〜1000円。
紅葉の名所であるもみじ回廊に近いほど駐車料金も高額になってます。

もみじ回廊までは歩けない距離でもないため、少し離れた場所に車を停めるのがお得です。

紅葉まつりエリアを散策しつつ、名所のもみじ回廊を堪能!

オルゴールの森美術館付近のクラフトパークさんに車を停め、カメラ部一同は散策しながらもみじ回廊を目指します。

たどり着いたもみじ回廊の入り口。ワクワクが止まらない

富士山を撮りながら練り歩き、たどり着いたもみじ回廊。

正直、富士山をねっとり撮影しすぎてだいぶ体力を消耗した後でしたが、入口からして景観が素敵すぎて疲れも吹き飛びました。

もみじ回廊入り口のかわいい看板もみじ回廊入り口のかわいい看板

もみじ回廊入り口には、可愛いフォントで書かれた木の看板が立っています。

もみじ回廊入り口もみじ回廊入り口

バァァァンン!!これが!!もみじ回廊!!

圧倒的紅葉。鮮やか。彩度高め。

一級河川の梨川沿い、約150mに渡って紅葉の木が植わってます。

もみじに覆われた回廊、空を見上げればもみじ

もみじ回廊という名だけあって、大きな紅葉の木々に囲まれています。

もうどこ見てももみじ。

見上げれば一面の紅葉見上げれば一面の紅葉

空を見上げればそこにもみじがあります。まるでトンネル。

一箇所だけ色付いた可愛い紅葉一箇所だけ色付いた可愛い紅葉

一部だけ色付いたとても可愛らしい木もありました。

「あっ、コレ映えるやつだ」

脊髄でシャッターを切ってたのは言うまでもありません。

もみじとおひさまもみじとおひさま

昼間は一面の紅葉に太陽の光が注いでます。
葉の隙間から所々光が射し込んでどこか神々しい。

見上げるだけじゃない!低い位置にももちろんもみじ

渋くてイケメン渋くてイケメン

圧倒的スケールにほだされて何だか見上げてばかりですが、目線の高さにももちろん紅葉があります。

アップで撮ったり、ポートレート撮ったり、はぁぁ楽し。

梨川の流れが尊い

もみじと梨川もみじと梨川

歩道は梨川を挟む形にあり、途中で橋が架かっています。

水のせせらぎが涼しい。こういうのアンダーでしっとり撮りたい。練習あるのみ。

もみじ回廊の周りには露店も出ている

露店の風鈴屋さん露店の風鈴屋さん

もみじ回廊の入り口付近には、手芸や飲食の露店が多数出ています。風鈴屋さんなんてのもありました。

もみじの圧倒的彩度に疲れたら、露店をゆっくり見てみるのも良いと思う。

さらに日没後のライトアップがすごい

日没後、もみじ回廊を含む紅葉まつり会場が22時までライトアップされています。

あかりが灯されたもみじがすっごい綺麗なので、ぜひ見て欲しい。

これがもみじ回廊 夜の姿

夜のもみじ回廊入り口夜のもみじ回廊入り口

昼間とほぼ同じ構図で写真を撮ったんですが、夜の色気がすごい。うっとりする。

なんていうの、ムーディー?(多分違う)

彩度で頭殴られてる感じ。

ライトアップされている紅葉ライトアップされている紅葉

夜空に映える紅葉。

内からも外からもライトアップされ、回廊内は明るい。

もみじとお月さまもみじとお月さま

お月様が覗いていたのでパシャリ。素敵なんじゃ〜

紅葉まつり所感とまとめ

河口湖北岸で11月に開催される紅葉まつり。

相当楽しめました。

富士山と紅葉を撮りながら散策し、辿り着いたもみじ回廊は言葉を失う美しさがあります。

芸術とか全然わからない理系人間ですが、見た瞬間「あっ、これしゅごい・・・」ってなるやつです。

さらにさらに日没後のライトアップがとっても綺麗で、高まります。

昼間は主に家族連れやツアー客で紅葉を背景に自撮りしている方が多いもみじ回廊。

日が落ちて紅葉がライトアップされると、三脚持ったカメラマン達が大挙していました。

この客層の違いたるや。

ぼくも三脚ユーザーの一人なので、他の方の迷惑にならないようにコソコソと三脚撮影。

たくさんの紅葉写真と、ポートレートが撮れたので大満足です。

夜の撮影で調子に乗ってISO感度攻め過ぎて、被写体ブレ(紅葉の葉が風に煽られて動く)してしまった写真がいくつもあるので、自分の経験不足を痛感しています。

その失敗が経験値、ひとつレベルアップしたので早く次の撮影がしたい!!!と太字で叫んで締めさせていただきます。

 

撮影に使用したのは以下のカメラです。

写真データの保存先に悩むあなたに

写真データって無尽蔵に増えるので、保存方法ってとっても悩みます。

HDDに保存するにしてもすぐに容量がパンパンになってしまう・・・。

そこで僕が使っているのは「Amazon Photos」、Amazonプライム特典の一つです。

Amazon Photosは保存容量無制限

しかも無圧縮、RAWファイルもそのまま保存できます。

以下の記事でAmazonプライムの内容とメリットをまとめました。

【最新版】Amazonプライムのメリットとは?

RELATED POST
フォトスポット

ネモフィラの名所「国営ひたち海浜公園」に行ってきた!東京から日帰りで行けるけど何時に行くのがベスト?

2019年5月6日
たなカメラ
季節の花を見に行くのって楽しいですよね。 四季それぞれに色んな花がありますが、春におすすめしたい花はネモフィラです。 ついこない …