フォトスポット

多摩川花火大会の空いてる場所とそこから見える花火をこっそり教えます

多摩川の花火大会、良かったですね〜。

雨予報が出てたりしましたが、なんとか持ちこたえてくれて、大迫力の花火を楽しむことができました。

多摩川花火大会はちゃんと見に行くのは初めて、だったかな。

友人夫婦と一緒にカメラと三脚を担いで観賞してきました。

行くのも初めてなんで、どの場所で見るのが良いかまずネットで検索したりして探したんですよ。

そしたら穴場紹介サイトがジャラジャラ出てきたんですが、12選とか15選とかやられてもなんのこっちゃなわけで。

そこからどんな花火が見えるかも、Twitterやインスタから引っ張ってきた第三者情報のキュレーションだからよく分からないわけで。

やっぱり観賞場所は自分で開拓していくしかないなぁと思った次第です。

それで、今年の花火大会はそれなりに良いポジションで観賞できたので、記録に残しておこうと思いました。

この場所に行ってきた

正確にはこの周辺の土手だけど、Googleマップで地図の共有方法が分かりませんでした・・・。

この小屋?が目印。この辺り開けてて座れます。

この場所への、周辺各駅からの距離と所要時間はこのようになっています。

二子玉川駅から1.3km徒歩16分
二子新地駅から850m徒歩11分(一番近い)
高津駅から1.2km徒歩15分
溝の口駅から1.9km徒歩23分

二子玉川駅〜溝の口駅は駅が密集しているので、どこから歩いても大して距離は変わりませんね。

ぼくは溝の口駅から歩いていきました。他と比べると若干遠いけど、歩けるレベル。

ここから見える花火はこんな感じ

実際に上記の場所で撮影した花火の写真を紹介。

例えばこの場所から見えるスターマイン、遮るものなく大迫力!

単発の花火も綺麗に見えます。まるで上品な”花”みたい。

もちろん場所を取ればゆっくり座って見られます。

周辺施設

~

近くにローソンがあります。

多摩川沿いに川上に進んで徒歩5分〜8分ぐらい。

ローソンはトイレ、レジ共に若干混雑していたので、買い物やトイレは早めに済ませるのが吉。

今回紹介している場所からローソンにかけての土手を歩いたけど、16〜17時にかけてはまだ場所取りに余裕がありそうでした。

もちろん、確実に場所を取りたかったらもっと早くに場所取りした方が無難だけど、16時ぐらいに来ても多分座れます。保証はしません。

三脚立ててる人もたくさんいたのでこの土手沿いはいい写真が撮れるのであろう。

注意点

混雑も少なく、花火もよく見えるとても良い場所だけど、いくつか注意点があります。

まずひとつ、メイン会場から離れているので出店がありません!

あるのはコンビニぐらい。それでもコスパのいいツマミや酒は買えるのでむしろ財布に優しい。

そして二つ目、道路で遮られるので、同時開催される川崎の花火は見えません!

実は多摩川花火大会は、「世田谷たまがわ花火大会」と「川崎市政記念多摩川花火大会」が同時開催されてます。

二つ合わせて通称、多摩川花火大会というらしい。ぼくは最初、一つの花火大会だと思っていた。

ここから見えるのは「世田谷たまがわ花火大会」のみです。それでも大満足だけどね。

  • 周辺に出店は出ていない。コンビニはある。
  • 同時開催の「川崎市政記念多摩川花火大会」は物理的に観賞不可

こんな人にオススメ

ここまで解説してきましたが、個人的にこんな人にオススメっていうのをまとめておきます。

  • 混雑を避けたい人
  • 世田谷の花火だけで満足できる人(川崎の花火は見えない)
  • 出店を期待しない人

あまり混雑はしていないので、できるだけ落ち着いて花火を観賞したいカップル子供が心配な家族連れなんかには特におすすめですね。

カップルはゆっくりと静かに花火観賞できるので、ロマンチックな夜を過ごせるでしょう。「花火綺麗だね・・・」「君の方が綺麗だよ」なんて言ったか言ってないか知りませんが、浴衣カップルとか見てて微笑ましい。

子供連れの場合に心配なのは、混雑で子供が怪我をしたり、周辺の人に迷惑をかけないか。

この場所は結構広いし、混雑も少ないので、子供が怪我をする心配は少なく、多少はしゃいでも大丈夫なスペースは確保できると思います。実際ぼくたちの前方に座っていた家庭の子供がはしゃいでいましたが、全然邪魔とは思いませんでした。場所が広いから。

ただし、土手は座れる平らなスペースのすぐ横から傾斜が始まっていますので、そこに座る場合は注意が必要です。

出店がない、川崎の花火大会が見えないデメリットはありますが、そもそも両方見えるところは混雑で花火どころではない説あります。メイン会場行ったことないので実情は知りません。遠目で見た感じだと結構混雑していました。

こんな人にはオススメできない

逆に、こんな人にはおすすめできないっていうのもまとめておきます。

  • お祭り気分を楽しみたい人
  • 「世田谷たまがわ花火大会」と「川崎市政記念多摩川花火大会」両方見ないと気が済まない人
  • 出店で買い物したい人

混雑が少ないことはメリットですが、出店もないためお祭り気分とはならないかもしれません・・・。

また、川崎の花火大会が完全に見えません。

あーなんか陸橋の向こうで何か光ってるなー程度。

我慢できない人は、両方見えるベストポジションを探してみてもいいかもしれません。

さいごに

実際に見てきた多摩川花火大会の観賞スポットを紹介しました。

紹介してなんですが、混雑少なめで快適(キュレーションサイト風に言うと穴場)だったので、混むようになって欲しくはないなとは思っています(悪)

そうそう、帰り道は各観賞スポットから帰宅客が合流するので歩道が混雑します。

警備のスタッフさんが案内もしていますが、二子玉川駅、二子新地駅は非常に混雑するので、高津駅、溝の口駅まで歩いた方が結果的に早く帰路につけると思います。

ぼくたちは、溝の口駅まで歩き、そこで花火大会の2次会!なんて洒落込もうとしましたが、居酒屋は予約でパンパンだったので、ちょっとお酒飲んで帰ろうかなって思っている人は事前に予約しておいた方がいいですよ。

また来年、もし別の場所で観賞したらまたレポするかも、しないかも。

 

 

写真データの保存先に悩むあなたに

写真データって無尽蔵に増えるので、保存方法ってとっても悩みます。

HDDに保存するにしてもすぐに容量がパンパンになってしまう・・・。

そこで僕が使っているのは「Amazon Photos」、Amazonプライム特典の一つです。

Amazon Photosは保存容量無制限

しかも無圧縮、RAWファイルもそのまま保存できます。

以下の記事でAmazonプライムの内容とメリットをまとめました。

【最新版】Amazonプライムのメリットとは?

RELATED POST