カメラグッズ

SNS映え写真を撮るために使っている便利な撮影グッズまとめ

「SNSでいいねやRTがたくさん貰える写真が撮りたい」

こう思ったことはありませんか?

SNSで映える(たくさん反応が貰える)写真というのは、一風変わったユニークな写真だったり、写真の完成度が高いもの、被写体自身が珍しいものなどです。

本記事では、SNS映えする写真が撮れるをテーマに、便利な撮影グッズを紹介します。

レンズボール

 

レンズボールとは透明ガラスで作られた球状の撮影アイテムです。

レンズボールを使うと景色がボールの中に写り込み、とても幻想的な写真を撮ることができます。

レンズボールの特徴

直径6cmと小さく、軽いので常にカバンの中に入れていても気になりません。

また、本製品には専用ポーチが付属しているので、カバンの中が雑多でもレンズボールが傷付く心配なし。

レンズボールはそれを通して被写体を見ることで、被写体が広角で逆さまに写り込みます。(具体例は下の作例をご覧ください)

その状態でレンズボールに焦点を合わせて撮ると、世界がレンズボールの中にギュッと閉じ込められたような、オリジナリティのある写真を撮ることができます。

珍しい写真になるため、インスタグラムやTwitterで映え、いいねがたくさんもらえます。

せいや
せいや

ぼくもたくさんいいね貰えて嬉しかった(笑)

  • サイズは直径6cm
  • 軽くて小さいので常にカバンの中に入れておける
  • カラビナ付きの専用ポーチが付属(本製品)
  • レンズボールを通すと被写体が広角で逆さまに写り込む
  • 幻想的でオリジナリティのある写真が撮れる

レンズボールを使った作例

ビルと空を撮ってみました。手の上にビルが乗っていて、空と地面が逆さまに。

このように手で持って撮ってもいいし、付属の台座に置いて地面から撮ってもいい。

撮り方によって、背景をくっきり残したり、このようにボカしたりと可能性は無限大です。

 

忍者レフ

 

忍者レフは、ガラス面への室内灯などの反射を防いでくれる撮影アイテムです。

窓ガラス越しの景色撮影にはほぼ必須アイテムだと思います。

忍者レフの特徴

忍者レフの中央の穴に、カメラのレンズを通して装着します。

窓ガラスへの撮影者および室内灯などの映り込みを防いでくれます。

余計なものが写り込まないので、写真の完成度が上がります。

また、忍者レフは黒い面と白い面でそれぞれ別の用途に使うことができます。

黒面は反射防止白面は通常のレフ板として使えます。

景色撮影からポートレートまで一つでこなせる汎用性の高さがポイントです。

忍者レフには、通常サイズとミニサイズがあり、それぞれ以下のスペックです。

品名忍者レフ ミニ忍者レフ
展開時直径35cm50cm
収納時直径12cm20cm
装着できるレンズ直径20mm〜120mm82mm

 

人混みの中や狭い場所を持ち歩くのならば、ミニサイズの方がコンパクトで取り回しがいいです。

  • 窓ガラスへの撮影者および室内灯などの映り込みを防ぐアイテム
  • 黒い面と白い面で別の用途で使える
  • 通常サイズ、ミニサイズの2種類がある

忍者レフを使った作例

高層ビルの展望室から、夕暮れ時の街並みを撮影しました。

普通に撮影すると写真に室内灯や非常口案内の緑のライト、そして自分自身が写り込んでしまいます。

忍者レフを使うと、それらが写り込まなくなるのでグッと写真の完成度が高まります。

マンフロットのミニ三脚(PIXI EVO)

 

小さく持ち運びが容易にも関わらず、耐荷重2.5kgと優秀なマンフロットのミニ三脚です。

PIXI EVOの特徴

軽くて小さいのに、耐荷重2.5kgとフルサイズカメラでも十分実用レベルのスペック。

実際、ぼくはレンズ込み1.5kgのフルサイズのミラーレス機でPIXI EVOを使っています。

大きい三脚はかさ張るので、ちょっとお出掛けっていうときになかなか持ち運ぶ気力が出なかったりします。

PIXI EVOは収納時全長24cmほど。B5サイズのキャンパスノートが入るバッグならPIXI EVOも入ります。

せいや
せいや

PIXI EVOは見た目が可愛いのもポイントです!

カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、レッドの3種類。

妻

私はレッドがお気に入り

  • 軽くて小さいので携帯性が高い(B5サイズのキャンパスノートが入るバッグならPIXI EVOも入ります)
  • 耐荷重2.5kg
  • 見た目が可愛い
  • カラーバリエーションはブラック、ホワイト、レッドの3種類

作例

旅行したときの集合写真です。

カメラをセットしたPIXI EVOを足元に置いて、セルフタイマーで撮影しています。

ミニ三脚「PIXI EVO」は携帯性が高いので、旅行のときに大活躍します。

三脚があることで、誰一人欠けることなく集合写真が撮れるので、友達にも大好評でした。

ちなみに、以下のアタッチメントを使えばスマホを取り付けることができます。

デジカメを持っていないときでも、スマホで綺麗な集合写真が撮れます。

おわりに

本記事では、便利な撮影グッズをいくつか紹介しました。

これらは、実際にぼくも使っていて、SNS投稿に大活躍しています。

何か気になったら試しに使ってみてください。

 

今回紹介したアイテムは友人からのプレゼントも多いです。

ぼくも貰ってとても嬉しかったので、カメラ好きの友達がいたらプレゼントすると喜ばれるかも・・・?

写真データの保存先に悩むあなたに

写真データって無尽蔵に増えるので、保存方法ってとっても悩みます。

HDDに保存するにしてもすぐに容量がパンパンになってしまう・・・。

そこで僕が使っているのは「Amazon Photos」、Amazonプライム特典の一つです。

Amazon Photosは保存容量無制限

しかも無圧縮、RAWファイルもそのまま保存できます。

以下の記事でAmazonプライムの内容とメリットをまとめました。

【最新版】Amazonプライムのメリットとは?

RELATED POST